ケータイ小説 野いちご

お前は俺の専属メイド【完】

学校では秘密です///
恋人ゴッコ♡




次の日から私たちは一緒に登校することになりました




なんでこうなるの?




はぁ…


ため息しかでないよ…





「…ア
マリア!聞いてる?」




「えっ?!なに?」




「今日からお昼はオレと一緒に食べるんだよ?分かった?屋上だよ!」



「あっ…うん!」




あんまり聞いてなかったけど笑




教室に入った私は席に着き
すでにいた柚乃とおしゃべりを始めた








< 37/ 177 >