ケータイ小説 野いちご

転入生は魔法使い!

▽一章
人間界への扉。






母「さぁ!行ってらっしゃい!

寂しくなったらいつでも会いにきていいのよ?」

菜「うん。わかった。ありがとう。

じゃあ華。行こうか。」

華「そうだね。行こう。」

父「うぅっ……元気でな〜(涙」」


菜「泣かないでよお父さん。

また会いに来るから。」

「「じゃあ行ってきます。」」

そうして私達は人間界に繋がる扉を開いた。


< 8/ 125 >