ケータイ小説 野いちご

転入生は魔法使い!

▽二章
学校。



洸「いいか?俺が合図したら入って来い。

それと、ここは''人間界''。

……わかってますよね。」

口調が変わった〜

菜「わかってるよ。洸ちゃん。」

「ガラガラ」

「ガヤガヤ……」

洸「静かにー。……」

「ガヤガヤ……」

洸「おい……てめぇらうるせんだよ!
あ``?静かにしろっつてんのが聞こえねーのか?」

「シーーーーン」


< 14/ 125 >