ケータイ小説 野いちご

世界のハジマリ

第一章
プロローグ



ーーーーーワォォーーー…オオン




オギャ~…オギャ~……


『グルル…』


ごみ捨て場の隅。

薄汚い布に包まれた小さな赤子を囲うように唸る3匹の野良犬達。


『ぁ〜ッ…うェッ、』


雪の降る中、寒さと空腹で大粒の涙を流し泣きじゃくる赤子。


『バウッ!』


それを見ていた犬はうるさいと言うかのように一鳴きした。


『……キャハハ♪』


しかし、赤子は泣くどころか笑顔で笑った。


それを見た犬達は顔を見合わせ、1匹が赤子に巻き付く布を加えその場を去った。

他の犬達もそれに続いてごみ捨て場を背に歩いた。





これは、3匹のとても賢い犬に育てられた少女と暴走族の物語。


< 1/ 6 >