ケータイ小説 野いちご

アヤツリ

カワイイ人形
ストーカー

ガヤガヤ


ましろにお願いしてから数週間。

いつになく教室はざわついている。

特に隣の教室は、

なんだか重い空気で満たされていた。


「いろはいろは!大変っ」


瑠璃亜がきた。

言おうとしてる内容は、大体よくわかる。


「どした?」


それでもわからないふりをして

息切れ気味の瑠璃亜にたずねる。

ひと呼吸してから瑠璃亜が口開き、
私の思い通りの事実を言う。


「実は優也くんが、白沢高の女生徒に

ストーカーされてるって」


「っえ…?うそ、でしょう?」


ここは驚いておかなくちゃ。

自分の好きな人がストーカーにあってるなんて、衝撃でショックな事実だもんね。

< 45/ 100 >