ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

イジメ返し ~復讐の連鎖・はじまり~

復讐
ヒカリside


【ヒカリside】



「……――ただいま~」


玄関の扉を開けると見慣れない男物の靴が目に飛び込んできた。


若向きな靴。今度は年下の男……?


男女の楽しそうな声が奥にある母親の寝室から響いてくる。


小学生の時に母が離婚して以来、うちにはひっきりなしに見知らぬ男がやってくる。


ため息はもう出ない。


すっかり慣れっこだ。


「お母さん、ただいま」


「あらっ、ヒカリおかえり~!!お母さんちょっと取り込み中なのよ~」


「見ればわかるって」


ベッドの中に裸で寝転んでいる母に冷たい視線を投げかける。


< 145/ 415 >