ケータイ小説 野いちご

【続】冷たい彼は旦那さま

love度60%
離れた距離



「ど、どうしよう……」


ついに明後日に迫って来た翼の誕生日。


今カレンダーの前で悩んでいるのは、何も考えてなかったからである。


聞こうにも聞けずに今に至った。


ほんとにどうしよう?


やっぱりネクタイ?それとも時計?


あ、指輪とか?


そんなお金私には無いじゃん!



< 52/ 135 >