ケータイ小説 野いちご

SEY LOVE ME ~好きなんだ~

もう一度頑張っちゃいました


奈津美side


朝早く、
私は起きた。

さんざん迷ったけれど、やっぱり弁当は作ってあげることにした。

きっとこれがなかったら、
斎藤くんとは2度と関わることができなくなっちゃいそうだから。


7時には作り終えて、
斎藤君の家の前に、そっとおいておいた。


……食べてくれるかな?


そう思っていたら、


「っえ?なんでいるの?」


って斎藤君が後ろにたっていた。


タイミングは最悪。

「……お弁当。届けに来た。それだけだから。」

これ以上はしゃべる気もなかったので
さっさと帰ることにした。


まだ気まずいんだよなー。

< 59/ 103 >