ケータイ小説 野いちご

バーベラ・・・魅了された男達

再会


「………ん」

目が覚めると、白い天井が見えた。

視線だけ動かして見ると、ここは病院みたいだった。





またやってしまった……

私は、いつも食欲が湧かなくて、食べるコトを忘れてしまう……

倒れない様に、サプリメントは飲んでいるんだけど……

今日はダメだったみたい。

裕くんとひびが傍に居たのに、倒れてしまった……

どうしようか……


目が覚めてから身動き一つせず考え事をしていると

ガラッ

病室のドアが開いた。

「瑠奈、今日もいい天気だよ」

裕くんの声が聞こえた。

「ひ、くん….」

「る、るなっっ‼︎ 気がついたのか?」

私の声を聞いて裕くんが駆け寄って来た。

「ひ、くん…ごめんね…」

とりあえず、迷惑掛けたこと謝らないと……

「瑠奈……お前、3日も眠ったままだったんだぞっ‼︎」

「3日も?」

「ずっと点滴刺されてるし、なかなか目覚めないし……
瑠奈、最後に食べたのはいつだよ…」

「………いつだったかな?
でもサプリメントは飲んでたよ」

「それは飯には入らないってっっ」

「そう?」

でも、栄養取れてるはずだよね。

< 29/ 57 >