ケータイ小説 野いちご

バーベラ・・・魅了された男達

出会い



今住んでいる場所からバスに揺られ、気づいたら知らない土地へ来ていた。


この辺りは初めて来たかも…

ちょっと散歩でもしようかな。



ピッ

……………

結構料金が掛ってしまっていた。


ICカードの表示を暫く見ていたら後ろから、トンッと押された。

「わっ」

「ねぇ、さっさと降りてくれない?」

「あ、すみません」

慌ててバスを降りた。



ここからどこに行こうかな?

辺りをキョロキョロしていると、さっきバスで押してきた人も降りてきた。

さっきの一瞬では分からなかった容姿が今ハッキリわかる。

目鼻立ちがハッキリとしていて、いかにもモテそう。

身長も高く見上げないと見れないくらい。

って、私が小さいのか…

ダークブラウンの髪も少し遊ばせられる長さがあり、所々ツンツンしている。


「さっきは感じ悪くてごめん。早くしないと俺、降り損ねそうだったから……」

「いえ、私の方こそ立ち止まったりして、すみませんでした」

「これからどこ行くの?」

「……えっと…特に決まってません」



まさか行き先を聞かれるなんて思ってなくて、驚いた。

「え・・・行く当てもなく、降りた感じ?」

「はい、そうですね」

「女の子なのに、探索好きなんだね」

「……?? 私の中では普通ですよ」

「へぇ。結構アクティブなんだね」

「……私はただ、色んな事を見てみたいんです」

< 1/ 57 >