ケータイ小説 野いちご

【完】矢野くん、ラブレターを受け取ってくれますか?

第2章
繋がる想い







「さて、キミの王子様は来てくれるかな?」



電話を切った後、星司くんがニヤッと笑う。



「拓磨くんはきっと……来てくれる」



私はそう信じてる。
拓磨くんは人を見捨てるような人じゃない。



「すごい自信だねぇ」



「拓磨くんは優しい人だもん。無表情でなに考えてるのかわかんないところもあるけど、でも優しい人だってことは間違いないもん……!」



「へぇ、まぁそんなのはどうでもいいけどさ。さっそく、美憂ちゃんをどうしちゃおうかな?」



「……っ」



星司くんは私を舐めまわすような目で見てくる。



こ、怖いよ……。
拓磨くん、はやく来て……っ!



私の前にしゃがんで、私の顎を持ち上げる。



「まずはその綺麗な唇にキスしちゃおうかな」



「い、いや……っ」



私は必死で抵抗する。
が、体を縛られていて全く身動きが取れない。

< 224/ 350 >