ケータイ小説 野いちご

【完】矢野くん、ラブレターを受け取ってくれますか?

第2章
閉じ込められた想い

昼休み。



いつも通り、私と拓磨くんは屋上でごはんを食べていた。



「なんか甘いもの食べたいなぁ」



私はポツリと独り言のように言った。



「じゃ、今日放課後なにか食べに行く?」



「……え!?いいの!?」



拓磨くんの言葉に私は箸を止めた。



「うん」



「行くー!!!」



「元気だね」



テンションの上がっている私を見てクスッと笑う。



「どこ行こうかな~」



クレープもアイスもいいな……いやでもタピオカも飲みたい。
ドーナツもケーキもいい!



放課後までに決めておかないと!

< 131/ 350 >