ケータイ小説 野いちご

Change!俺とアイツの怒涛の9ヶ月日記

ついにこの日が?

一時はどうなるかと思ったけれど、両親が離婚することは阻止できた。


ばあちゃんが言うには、母さんはどんどん元気になってるらしいから、そのうちこっちに帰ってくるだろうと思う。


花音には、すっかり世話になってしまった。


俺じゃ気づけなかったことに、アイツは気づいていた。


母さんの抗うつ剤のことも、母さんが病的に掃除をしていたことも。


他の家の人間だからこそ気づけたんだ。


当たり前の事に人は気づけないものだ。


俺だったら見過ごして、取り返しのつかない事になっていたかもしれない。


入れ替わったことに、少しだけ感謝してしまった。


だけど、そろそろ俺も花音もこの入れ替わり生活に限界を感じていた。


元に戻れるものなら、一刻も早く戻りたい。


そもそも俺らは、事故の衝撃で入れ替わった。


ーということはだぞ?


もう一回強い衝撃が加われば、元に戻れたりするんじゃないだろうか。


いやいや。


それはあまりにリスクが高過ぎる。


俺の身体なんて2ヶ月も意識不明だったんだから。


今度そんなことをしたら、命の保証はない。


あぁ。


なんとかして元に戻る方法がないのだろうか。

< 115/ 259 >