ケータイ小説 野いちご

嫌いじゃ…ない…?

3章


階段をかけ上り屋上の重い扉を開けた。

目の前に広がるのは雲1つないきれいな青空と私の大好きな黒川君。

「ちゃんと来てくれたんだ…」

「…新井が来いって言ったんじゃん」

何ヵ月ぶりかの会話。

久しぶりにこんなに近くにいる。

「…」

「…」

いざ目の前で話すとなんて話せばいいか全然わかんなくなる。

「…で、何?」

沈黙を破ったのは黒川君。


< 18/ 26 >