ケータイ小説 野いちご

大好きな人〜カタオモイ

彼との出会い



わたしの名前は前澤愛(まえざわあい)


今日から心待ちにしていた中学生だ






「愛ー!ご飯できたよ〜」
とママの声で起きた

「ふぁ〜眠い〜
ってもうこんな時間じゃん!」

急いで階段をおりた

朝ごはんを食べて顔を洗って
すぐ支度を終わらせて家を出た

「いってきまーす♪」

すぐそこのコンビニで幼馴染の
夢(ゆめ)ちゃんと
待ち合わせをしていた

「愛ー!遅いよー!(笑)」

「ごめんごめん(笑)」

わたしたちはいつもこんな感じだ


どんな出会いがあるかな〜って
歩きながら考えてたら

「なにニヤニヤしてんのー?
気持ち悪いよっ!」

って夢に言われて気付いた…
わたし、ニヤニヤしてたんだ…(笑)

ギリギリで学校に着いた

夢ちゃんとはクラスが違うから
廊下でバイバイした

((えーっと、わたしの席…
あ、あそこだ!))

隣の席にはちょーいけめん
なぜか鼓動が早くなるわたし

初めて会ったのに?

なんだ?この気持ちは?

「お、おはよ!
わたし愛!よろしくね♪」

「…はよ」

はあ?!声小さい(笑)
けどかっこいいな〜

なんて思って眺めてたら

「なに?
もしかして、俺に惚れた?(笑)」

なんだコイツ…

鼓動がもっと早くなる
聞こえてるんじゃないかってくらいに

「べ、べつに、惚れてなんかないし!
あんたみたいな人に惚れないし!」

思ってもないことが
わたしの口から出てきた…



< 1/ 1 >