ケータイ小説 野いちご

ドーナツ。

*はじまりの瞳*

+見つけた瞳+

あたしは桜ヶ丘高校2年、篠原みか。

毎日毎日、退屈な学校生活を送っています...

「はぁ~...」

ため息ばっかり。

「どうしたの??みか~」

「え??な、なんでもないよ!!」

この子はなつき。

なんでも言い合えて、大好き以上に大切な友達。

「本当に??最近ため息ばっかじゃん~」

「本当~!ただ退屈だなって思ってるだけ~」

「それわかる!!」

「なんか、楽しいことないかな~」

「あ!そう言えばさ!私......」

なつきが言いかけた時、先生が教室に入ってきた。

ガラガラガラ...

「時間だぞー!席につけー!」

「時間だから後でいうね♪」

「おっけー♪」

そう言って、なつきは席に戻った。

「今日の6限は体育館へ移動するように。
それから、服装検査あるからなー!」

げっ!!最悪!!

服装検査にはほとんど引っかかることはない。

だけど、移動するのはめんどくさいし

正直やらなくていいと思う。

キーンコーンカーンコーン

「....と言うわけで、ホームルーム終わるぞー」

「起立!礼」

ガラガラガラ...

先生が教室から出ていった

「みーか!w」

「わっ!!!もう!驚かさないでよw」

「ごめん~w」

あっという間にお昼の時間になった

「みか~お昼食べよ!」

「だね♪♪」

「今日、屋上行かない??」

「おっ!いいね~♪」

あたしとなつきは屋上へ移動した。

今はもう季節は秋で、屋上の風は

少し肌寒かった。

「でさ、朝話してたことの続きなんだけど...」

「すっごい聞きたかった~♪」

「私ね、好きな人できたの♪」

と、とっても可愛い笑顔で照れながらなつきは言った。

「本当??誰々??」

「うーんとね...8組の望月...こうくん...」

「あたし知らないな~、そうだ!!
後で教えてよ!体育館行くし♪」

「うん!!」

「早く見たいな~♪なつきの好きな人w」


そして、やっと6限の時間になった

さっきからなつきはそわそわしていた

どうやら、緊張しているみたいだ

なつき可愛いな~♪

「あっ!!みかいたよ!!
あの、今体育館に入ってきた集団の一番左の人!」

「えっ!?どれ!?.......あれ?」

「う、うん...」

なんて言ったらいいんだろ、うーん...

とりあえず、驚いてる

だって...学年で一番だよね?っていうほどの目立ったグループのうちの一人だったんだもん

「なつき、話したことあるの?」

思わず聞いてしまった

「うん!実は去年、同じクラスだったんだ!」

「そうだったんだ~♪頑張れなつき!w」

「ありがと~みか~♡」

話したことあるなら、少し安心...

でもあたしはあのグループ好きじゃないんだよね...

なつきには悪いけど....

そのグループをまた見てみた。

やっぱりあたしは苦手かな...

なつきを応援してあげたいけど無理そう...

と、その時だった

--------!?

やば!?グループの一人と目がバッチリ合っちゃった

ど、どうしよ...見てるのバレた...

でも、不思議なことに向こうは目をそらさなかった

「おーい!あきといくぞ!」

「おーう!」

“あきと”、と呼ばれていた人。

立川 あきと

このあたしでも知ってる。

学校での人気者

まぁ...目が合っただけで何かがあるわけじゃないよね??

でもあの瞳...


嫌じゃなかった...

< 1/ 1 >