ケータイ小説 野いちご

僕が背中を押したとき。

雲ひとつない大空


この空は、果てしなく続いている。




「告白、しよっかなぁ……。」


今日も君は悩んでる。



「そのセリフ、何回目だよ。」


いつも通りの返答。



「だって〜…。
その後のことを考えちゃうとさぁ、気まずくなったら嫌だなぁ〜って。」


あぁ、もう意気地なし。



「あ の さ !厳しいこと言うけど、
お前のそれはただの逃げだぞ?

その後、気まずくなるのが嫌だって、
それ自分を守りてェだけじゃねーの?」


「うっ………。」



「それに、すぐに諦めんなよ。
頑張って手を伸ばせば届くかもだろ?
おめーは、届けようとしてねぇじゃん。

届ける気、ねぇじゃん。
いくら間食抜いたりして、綺麗になろうと思っても気持ちが曖昧じゃ伝わらねぇんだよ。」

< 1/ 3 >