ケータイ小説 野いちご

龍蝶~闇に隠された愛~【下・完】

真実


結局イライラは解消されず、脳裏には女の姿がずっとあった。


数か月が経ったある日。


私の携帯に一件の不在着信が入っていた。


それは誰からもなく、知らない番号だった。


当時私は新しいバイト先に募集をしていたので、それかと思い掛け直した。


「もしもし、先ほど電話をいただいた者ですが。」


「……。」


「もしもし?」


「……梨華…?」


耳が取れそうなほど驚いた。



< 81/ 91 >