ケータイ小説 野いちご

龍蝶~闇に隠された愛~【下・完】

冷たいあの日
崩れていく


最近、一翔が冷たい気がする。


「最近総長が冷たいって?」


「うん…。」


「反抗期なんすかね。」


海がアイスを食べながら言った。


「反抗期はもう終わったでしょ。」


浅緋(あさひ)が静かに言う。


「浮気かな…?」


〝ぶほっ!!〝


「うわっ汚っ海!!」


吹いた海にそう言い浅緋は梨華に向かっていった。


「梨華さん、それはないですよ。」


「ほんと浅緋!?」


「あの総長がそんなに器用とは思いませんし…」


(確かに…そんなに器用じゃない…)



< 7/ 91 >