ケータイ小説 野いちご

龍蝶~闇に隠された愛~【下・完】

冷たいあの日
冷たい夜


高校を中退した私には雇ってもらえるところなどなく、


何週間前からだろうか、私は沙絵子さんとすっかり仲良くなった。


〝ガチャ〝


「おかえりなさい、沙絵子さん。」


「あぁ…梨華、ただいま。」


「今日も夜のお仕事?」


「…まぁねー…まだ梨湖は向こうにいるの?」


私は沙絵子さんに今まで起きたことをすべて話した。


「…うん、でもそっちの方が安全かなって…」


沙絵子さんはソファにグダッとした。


「うーん、梨湖がそれでいいならいいけど…族と一緒にいたらいつかは共に警察行くことになるかもね。」


「……大丈夫だよ、龍蝶はそんなことないから。」


「そうかな、ま。私も一応あんた達の保護者だからさ。」


そう言うと部屋に行った。


…わかってる。


このままではいけないこと…。



< 19/ 91 >