ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

青空の下月夜に舞う

幼少期


―――――――


「ゆーだいをいじめるな!」

「わー!まいがあばれるぞー!」

「ゆーだいもおんなにまもられてだせーっ」

「こら!たくや!あたまかちわるぞ」

「にげろー!」



太い棒を片手に肩で息をする私。

しゃがみこんで、クスンクスンと泣いている雄大。

小さな溜め息を吐いて、私は棒を足元に置いた。



「ゆーだい?もうないちゃだめ」

「まいちゃんはっ……つよいから」


雄大が弱いんだよ。とは言えない。
小さな拳を作り、歯を見せて笑う。


「ゆーだいは、らいねんいちねんせいになるんでしょお?」

「まいちゃんと、いっしょがいい」

「まいは、ねんちょおさんに、なるんだよ?ひまわりぐみさん!」

< 158/ 319 >