ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

青空の下月夜に舞う

家がなくなりました




「今週中に出て行ってくれる?」



朝6時50分。

朝からチャイムガンガン鳴らしたのは頭がハゲてる大家さん。


え。何それ。ちょっとまってよ……



「どういう事でしょう……」

「手紙、見た?ポストに入れてたんだけど……」


いや……見てない。

バイトで忙しくて見てないよ。
てか見る暇ない位忙しい。


玄関に備え付けてあるポストを開けると、数枚の紙が。


しゃがんで紙を集めて、手に取り一枚ずつ確認する。


えっと……これは水道代……電気代に、ガス代……あった!これだ!

宛名もなく、白い紙に書かれた直筆の手紙。
今時パソコン使えねえのかよオヤジ。


< 1/ 319 >