ケータイ小説 野いちご

だから俺と、付き合ってください。

3*時間の問題?




ーーピリリリッ。


スマホのアラームが枕元で鳴る。

スライドさせて止めると、画面を見る。


……先輩からのライン、来てないなぁ。



「はぁ……」



ため息をひとつ吐いて、布団から出た。


前は先輩のおはようのメッセージから一日がスタートして、おやすみと私が送ってから一日が終わっていたのに。


いつからラインは来なくなったっけ。


去年の夏の大会が終わって、先輩が部長になったあたりからだっけ……。


だんだんとメールのやり取りが減って、今年に入ってからついには返信すら来なくなった。


好きになったばかりだった頃はすごく楽しかったのになぁ。


昨日見た清瀬くんのラブレターみたいに、私の恋もキラキラしてた。


でももうわかんない。


なにも、わかんないや……。



「行って来まぁーす」



いつものようにお母さんのスクランブルエッグとトーストを食べて家を出た。


いつもと同じ風景。


電車に乗り込んでしばらく揺られて電車を降りた。



「……ん?」



< 32/ 213 >