ケータイ小説 野いちご

だから俺と、付き合ってください。

12*夏休みの約束




「あっつ〜い!」


「もう完全に夏だね」


「だね」



クラスの女の子たちの会話に、頬杖をついて窓の外を見る。


……もう季節は夏か。


1年前の今頃は、修二先輩に片想いしてたっけ。


毎日どうにかして先輩の視界に入ろうと必死になって、放課後は必ずサッカー部の応援に行った。


そんな日々が、今ではすこし懐かしい。


そして最近の私の悩みといえば……。



『今年の球技大会、バスケの部の優勝は3年1組ですっ!』



先輩、本当に宣言して通り優勝しちゃって。



『よっしゃあああ!』



大声で喜ぶ先輩たちのクラスを見ていたら、先輩と目が合って。
ニッコリ微笑まれた。


ーー『ご褒美くれる?』


先輩のあの時の言葉を思い出す。


……本気なのかな?



< 174/ 213 >