ケータイ小説 野いちご

だから俺と、付き合ってください。

11*ご褒美ちょうだい




「試合終了ーー!」



長いホイッスルが鳴り終わって、
清瀬くんのクラスと先輩のクラスの試合が終わった。


……清瀬くんの活躍もむなしく、先輩たちの勝利だ。



「あんなに向こうを応援されたら勝てないよね」


「うん」



ユカの言葉にうなずく。
女子たちの圧巻の応援でアウェイだった清瀬くんたちのクラス。
ノリに乗った先輩たちの猛攻を防ぐことが出来なかった。


……でも。



「ふっは!負けちったな!」



チームメイトとはしゃぐ清瀬くんは負けたのにあんなにも楽しそう。

キラキラした顔で笑ってて、だからか私も少し笑っちゃう。


どんな時でも、清瀬くんは、清瀬くんだ。


「綾乃」


「先輩」



ユカと立ち尽くしていた私に後ろから声をかけたのは修二先輩。



「応援しに来てくれてサンキューな」


「えっ……?」



あ……。


約束してたから、先輩は私が自分の応援してたと思ってるんだ。


本当は清瀬くんの応援してました、なんてとても言えないな……。



「えっと……」


「本当にこのまま優勝したらどうする?」



どうするって……え!?



< 152/ 213 >