ケータイ小説 野いちご

だから俺と、付き合ってください。

10*清瀬くんが……好き




そして迎えた球技大会当日。


いつものように制服に着替えて、お母さんのスクランブルエッグを食べて家を出た。


みんなの足を引っ張らないようにがんばらなくっちゃ!



「おはよう、藤田!」


「おはよう」



時間通りに来た電車に乗り込むと、まぶしい笑顔の清瀬くんがいて、思わず笑顔になる。


ここ最近はまた清瀬くんと同じ時間の電車に乗るようにした。


一時期は気まずくて避けてた時もあったけど。


やっぱり、その……会いたいし。



「あ、今日髪の毛結んでるだぁ!」


「えっ……うんっ」



そう。


普段は胸元まである髪の毛はそのままにしてあるんだけど、今日は一日球技大会だし、ポニーテールにしたんだ。


気づいてくれたんだ……。


嬉しい。


清瀬くんってそんな女の子の変化とかうとそうなのに。
気づいてくれたことが、嬉しい。



「似合ってる」


「ありがとう」


「かわいいよ?」


「~~っ! あ、ありがとう!!」



わざとらしく、私をからかうように低い声を出してる清瀬くん。


ほら、めちゃくちゃ笑ってるし。
からかわれてる。



< 135/ 213 >