ケータイ小説 野いちご

君のココロの向こう側

ココロ、はち。

「……はぁ」



今日何度目の溜め息だろう。

一々数えちゃいないし、そんなの知ったって意味のないことも知ってるけど。



「……」



今朝、智也くんを連れてきたのは、隆太郎ではなかった。

クラスが違うから注目して見たことなかったけど、とても綺麗な人だった。

ショートカットの似合う、どこか隆太郎に似た人。



「……お似合い、だな……」



私なんかより全然、釣り合ってた。



「はぁ……」



お昼寝の時間の休憩用にと淹れたコーヒーを持って振り返った、そのとき。



「わっ!」



背後に瑞穂が立っていることに気が付いた。

全然……わかんなかった……。



「溜め息吐いたら幸せ逃げるよー」




< 84/ 127 >