ケータイ小説 野いちご

君のココロの向こう側

ココロ、ろく。

飲み干したグラスをバーテンダーに差し出し、おかわりを注文する隆太郎。



「お酒、強いんだね」

「まあな」



小さく笑いながら言った隆太郎の横顔を見て、また胸が苦しくなる。

お酒強いことも、夢を叶えたことも知らなかった。

ましてや結婚して子供までいたなんて。

我ながら未練がましいって思うけど、想いは燻ったまま。



変なの。

あの日別れを告げたのは私の方なのにね──……。





2月の下旬、自由登校のためがらんとした教室で、私は自分の机に突っ伏していた。

そんな私を見て、隆太郎と仲のいい佐伯が苦笑いを浮かべる。



「荒れてんなぁ」

「……煩い」



自分から呼び出しといてなんだ、と自分が嫌になる。

わざわざ来てもらったのは、そんなことが言いたいからじゃない。



「隆太郎と喧嘩した」

「……またか」



吐き捨てたような私の言葉に、佐伯は溜め息を吐いた。




< 57/ 127 >