ケータイ小説 野いちご

君のココロの向こう側

ココロ、えいえんに。

どうして誤解を解いてくれなかったのとか、その指輪はどんな人としてるのとか、聞きたいことが沢山ある。

お互いにもう会うつもりはなかったけど、どうしても……どうしても確かめたい。

隠れて見えなかった、私の心──そして、君のココロの向こう側を。





翌日の夕方、早速隆太郎が働いているヘアサロンを訪れた。



「いらっしゃいませ。お名前伺ってもよろしいでしょうか」

「今朝予約した峰です。すみません、当日に」

「あら、朝の!大丈夫ですよ、丁度キャンセルが出たところでしたので」



感じのいい店員さんに、緊張していた心が少し落ち着く。



「そう言えば……前田に切ってもらいたいとのことでしたよね?」

「は、はい」

「失礼ですが、前にもご来店されたことがおありで?」



……あ。

もしかして、隆太郎目当てに来た人って思われてるのかな……。

いや、あながち間違いじゃないんだけど。




< 105/ 127 >