ケータイ小説 野いちご

眠り姫

また退屈な日々…


目が覚めたらそこは真っ白な部屋。

え?私、目が覚めたんじゃないの?
と不思議に思う雪乃。


?「お目覚めかい?」

雪乃「え、えぇ…」

医者「ここは病院だよ。」

「「雪乃っ…!!」」

雪乃「お父さん…お母さん…」

父「1年くらい眠っていたんだよ…」

母「でも、目覚めてくれて良かったわ」

雪乃「そんなに…」

医者「でもね、不思議なことに君の病気は弱まっているんだ」

雪乃は別の意味でびっくりした。

彼と言っていることが
同じだったのだから。

雪乃「痛っ…!!」

急に彼女は頭を抱えた。

< 20/ 26 >