ケータイ小説 野いちご

狼女と新撰組〜前編〜

新しい家族
出会い


ふと目が覚めた。

目を開けると、知らない人間の女が私の顔をまじまじと見ている。

「っ!」

?「そんなに怯えんでもいいよ。」

優しい声だった。

「.....。」

喋ろうとした。

けど、声が出なかった。

?「喋れんの?」

---コクン。

?「そっか。」

?「その子目が覚めたんだ。」

どこからか男の子がやってきた。

?「左之助いいところに来た。この子の相手してやって。私はご飯作ってくるから。」

?「はーい。」

そう言って女の人は何処かに行ってしまった。

?「ねぇ。君名前は?」

「.....。」

喋れないから黙っていた。

?「喋れない?」

その言葉に頷いた。

?「そっか。あ、俺は左之助!原田左之助!よろしくな?」

返事の代わりに頷いた。

?「名前は?」

名前...。

言いたくなかった。

もしかしたら左之助も幕府の人間だと思うから。


< 12/ 318 >