ケータイ小説 野いちご

至上最強の総長は私を愛しすぎている。~DARK NIGHT~ Ⅱ

-20-

今度こそ、本格的にGPSを持たされ。


校内での、不用意な人との接触も禁じられ。


学校を出るときには、凌牙に連絡も入れさせられ。


澤城の動きに対して周到な準備をしている割に、あたしの周りは静かだった。


ほとぼりが冷めないうちに、きっとSPIRALは動いて来るだろうと見当をつけていた灰雅の予想を裏切るように。



あたしとしては、予想を裏切ってくれて何よりだけど……。





携帯が、メールの着信を知らせた。


[優月ちゃん、いつなら会えそう?]


昨日、若菜から『会いたい』をとメールをもらっていたんだけど。


返事をするにも返し渋り、一晩経ってしまい、きっと痺れを切らした若菜からの二度目の催促。

< 96/ 815 >