ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

至上最強の総長は私を愛しすぎている。~DARK NIGHT~ Ⅱ

-26-

今日の本部は、いつもと変わらずのんびりした空気が流れていた。


暴走族と言っても、常に暴走や抗争のことばかり考えてるわけでもなく。


普段は、普通の高校生と全く変わらない。


烈さんや大翔の話に耳を傾けていると、かなりの割合で下ネタが出てきていて。


仮にも女子がいるんだから、ちょっとは遠慮してほしいとも思う……。




ただ、凌牙とテルさんは別。


奥の個室にこもっているところを見ると、灰雅とは関係のない、柳迅会の話をしているんだろうと察する。



今日は大翔にゲームをやろうと誘われたけど。


若菜がテルさんとデートするという週末が刻々と迫る中、到底そんな気分にはなれなくて。


大翔と旬と麗美さんがゲームに夢中になっている中、あたしは一人、ソファに座ったままぼんやりしていた。

< 283/ 815 >