ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

至上最強の総長は私を愛しすぎている。~DARK NIGHT~ Ⅱ

-23-

それから数週間が経ち……。


SPIRALからは、相変わらずなんの音沙汰もなく。


周りはどうかわからないけど、あたしの危機感はほとんど薄れていた。



今日は土曜日。


昨夜は暴走があって、この家はもぬけの殻で静かだった。


あたしも誘われたけど、今回は遠慮した。


なんだか、少し頭が痛くて……。


大丈夫って言ったのに、テルさんがこの家の見張りとして残ってくれた。



凌牙は、あたしの為にテルさんを使ったりする。


そんなの申し訳なくてやめてほしいのに


『俺の女なんだから一緒だろ』


サラリと言う凌牙は、あたしの気持ちなんて全然分かってない。



いくら凌牙の側近でも、あたしの面倒まで見てもらうなんて、あたしが居心地が悪いのに。



……若菜のこともあるし、テルさんに対して複雑な思いが生まれてる今は、尚更……。

< 188/ 815 >