ケータイ小説 野いちご

至上最強の総長は私を愛しすぎている。~DARK NIGHT~ Ⅱ

-22-


「あれ?掃除なんかしてどうしたの?」


日曜の午後。


どこにも出かけないだけじゃなくて、大翔がリビングの掃除をしていたから驚いた。


「だって、女子が来んだろ?女子が!!」


「女子…って、オヤジくせえなあ」


ソファーに身を投げ出しながら漫画を読んでいる旬が、茶化す。


「うっせーよ。つうか、邪魔」


そしてその体を床に落とす大翔。


「いてっ!ふざけんなって!」


そんな旬を無視して、大翔はソファの上の水拭きを始める。



大翔って、こんなマメだっけ……?



「男ばっかだし部屋ん中、臭くないかな~」


そして、消臭剤をそこらじゅうにスプレーする始末。

< 161/ 815 >