ケータイ小説 野いちご

裏表ガールは最強総長!?上

反撃



次の日、あたしは、変装を解いて学校へ、行った。


いつもは、茶色いロングのウィッグに、茶色いカラコンを付けて学校に、行っている。

あたしの瞳の色、スカイブルーなの。


ハーフじゃないのにね。

でも、あたしはこの瞳が、大好きなんだ。


お母さんと、一緒だから。


あたしの大好きな、お母さんと。


いつもは、黙ってたけど、もうめんどい。



だから、ま、今日は、イジメを、続けさせるか。

今日は、族と組を一気に潰すから。


ま、帰ろうかな。

そう思い、先生に体調が悪いと言って、帰った。


そして、夜の、2時になり、凛蝶の姿になって、バイクに跨る。


海夏「行きますか。」


ブォンッ!!


改造してるから近所迷惑かな?

ま、しゃーないよ笑。

数分バイクで走ると、秋花財閥の、建物があった。

その建物は組が支配している。

バイクから降り、その建物へと歩みを進める。

そして、ドアを開ける。

すると、組員が来て、あたしを警戒する。

組員1「誰だてめぇ!!」

は?見てわかんないわけ?

組員2「おい、尚、どうした……」

尚とやらが叫んだので、もう一人男が来た。


そしたら、こっちを急に見て、固まった。

いや、わけわからんし。

すると、急に固まった男が、急に後退りをし、叫ぶ。

組員2「う、うわゎゎわ!!り、凛蝶だぁぁぁぁぁぁ!!!」

一人の男がそう叫んだので、尚ってやつも、放心状態。

すると、尚とやらも、口を開く。


尚「お、おまえが、あ、あの有名な、ぞ、族潰しをする、さ、最強と呼ばれる、り、凛蝶なのかよ?」


たいぎ。

海夏「そうだよ。他に誰がいる?」

馬鹿?こいつ。

組員2「組長!!り、凛蝶です!!!どうしましょう!?」


どうしましょう!?って。笑笑


ウケる。

組長「なんだと!?」

ーーダダダダダ!←組長が走ってこっちに来る音です。 

海夏「こんばんわ。秋花組長?」

組長「う、うわゎゎわ!!ゆ、許してくれ!!た、頼む!!」


海夏「アンタの娘にいじめられてんどけど。どうしてくれんの?」



組長「私の娘がそんなことするはずがない!」


海夏「実際に受けてる奴がいんだよ!ここに!!」


組長「ひいぃ!!」
 
海夏「覚悟しろや!」

ーバキッ

ードフッ

組員3「く、組長!?」


海夏「こんばんわ。組員さん?ここ、秋花組はもう、終わりですよ?組長さんが、伸びましたから。では!これで。」


ースタスタスタ。


そう言って、あたしは、苦死神(クシジン)の、倉庫に向かった。



< 10/ 14 >