ケータイ小説 野いちご

色気のない僕ら

Answer


「はい、おしまーい」

「は…?」

「キュンキュンしたんだろ?」

「は?」

「だから終わり」

「なっ…⁉︎」





…危ねぇ。

危うく理性を飛ばしかけた…。

元の位置に座り直す俺はふーっ、とひとつ息を吐いた。





彼女の視界を覆った後、顔を近づけた俺。

それは気配として彼女も気付いたはず。

なーのーにー。

ヤツは拒否らなかった。

沈黙は暗黙の了解、という悪魔な俺と。

相手が無反応なのにそれ以上ことを進めていいわけない、という紳士な俺。

結局この2人の戦いは第3の俺…ヘタレな俺の勝利、ということで決着がついた。

要はそれ以上何もできなくて顔を近づけたところで終了。

これが正解かどうかはわからないけど。

少なくとも“友達”ってラインは守れたはず…。





なんか、疲れた。

こんなこともうやらねぇ。

密かにそう心に誓い、緩くなった飲みかけの缶ビールに手を伸ばした時。





「え…っ、ちょっ⁈」





彼女がぐいっとその腕を引いた。







< 8/ 17 >