ケータイ小説 野いちご

シンデレラの一族

中1、晩夏
シンデレラ売買

◇◇◇


「何分?」


胸の中に妹を抱き抱えながら、扉を睨む

「4分です」

扉からそっとでてきたおかっぱ頭の幼女が、伊織のベッドに置かれていた目覚まし時計を手に答えた。

「即効性とは効きましたが、かなり早いですね。あと5分はかかると思ったのですが」

「瑠璃は邪眼が強いからねー。たぶん薬が効きやすいんだろーよ」

愛しそうに胸の中の妹を見つめた。

それを無表情で見つめてた東だったが、ふと気づいたように傍らの妹に声をかけた。


「……西、瑠璃さまをお運びして」

「あ、いいよ。俺が運ぶ」


離したくないらしく、そのまま立ち上がる。

ふらつきながら階段を降りて、母屋の一室へ向かう。

美夜と隣の部屋ではなく、新たに布団を
敷いて用意をした部屋だ。

優しくそこへ瑠璃を寝かした。


「……ひとまず、下準備完了ですね」


「ああ」

東に視線を移すことなく、ただ妹だけを視界に入れつづける。


「……伊織さま」

「わかってるよ」


何が言いたいのか察していたらしい。


< 218/ 317 >