ケータイ小説 野いちご

狂ッタterror(恐怖)ゲーム開始

一歩目のこっくりさん











ザアアアアアアアアアアアアアア



砂嵐のテレビ



真っ暗な部屋





白い紙に《はい》《いいえ》その間に鳥居が
そして、その下に数字と五十音が書かれている紙を4人で囲む










「いい?はじめるよ」



「「「うん」」」




所定の位置に置かれている10円玉に
皆が手を置く





「こっくりさん










こっくりさん











どうぞおいでください







もしおいでになられましたら

《はい》へお進みください」












スススス






10円玉が《はい》の方へ動く




「動いた………」



そうつぶやく声も今は誰にも
聞こえていないようだ











< 1/ 198 >