ケータイ小説 野いちご

クーデレ彼氏とその彼女

彼氏が出来ました
生態を調べました






ー次の日ー





「んでんで?
昨日はどうなったのさー!」

「早く言えー」

『いやぁ…』



肌寒くなってきた今日この頃

学校から見える山は、
気温が低くなって
空気が澄み渡り透明度が増し

美しい姿を見せていた




そんな中。


朝から、加奈と郁美に問い詰められ
低血圧の私はとてもきつく感じていた


「その辺でやめときなって」


ゆ、由美…!
ありがとう、私を気遣って…


「昨日の今日であんま進展ないだろうし
どうせならもう少し経ってから聞こうよ」

「確かに」

「それもそうだねー」



ちょっと待って!


助け舟を出してくれたんじゃないの!?



< 28/ 254 >