ケータイ小説 野いちご

浮気彼氏から奪うオトコ。

○ 恋から逃げた少女 ○
「愛してる」ただそれだけ。





ー妃鞠Story*



ケータイのアラームが、部屋の中で鳴り響く。

でも身体が重くて、中々起き上がれない。




「妃鞠ー?起きなさいよ」

「んー…何かだるくって……」

「昨日の夜遊びがいけないんじゃない?」

「あーそうだね…、って!お、お母さん!?」

「ただいま。妃鞠」




お母さんは月に3度、帰るか帰らないかくらいだった。

それに先月は忙しかったみたいで、顔を合わせることもほとんどなかった。




お父さんは海外で働いているから、家ではいつも1人。

せっかくお母さんが帰ってきたなら、頑張って学校に行かなくちゃ。




そう思って、布団から出ようとすると、お母さんが止めた。


「ダメよ。今日くらいは休みなさい?」

「でも……」

「今日はお母さん休みの日なの。1日家にいるから安心しなさいよ。

一応熱でも測っておいて」


「はぁい…」




< 98/ 313 >