ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

浮気彼氏から奪うオトコ。

○ 恋から逃げた少女 ○
「戻れないんだよ」






あたしが涙を流しながら言った瞬間、

大きな花火が上がり、花火大会は終わった。




ぞろぞろと帰る人の中、あたしは功クンの腕を取った。




「じゃあね、廣クン!元気で」

「あっ、待てよ、妃鞠!」




小さい頃と重なって見える君は、

本当に寂しそうで、あたしは見ていられなくなる…。




「ごめんね、傍にいれなくて」



そしてあたしと功クンは人ごみの中を走り続けた。

ずっとずっと走っても、全然疲れなくて。

ただ涙が止まらなかった。





―本当はどうしたかったのかな…?

あたしは何が正解で、間違えだったのか分からない。


それでも君から離れた方が、もう辛い思いをしなくて済むんだと思ってしまった。





< 83/ 313 >