ケータイ小説 野いちご

浮気彼氏から奪うオトコ。

○ 奪うオトコ ○
「俺はずっと見てたから…」






川岸を静かに歩き進める。

何1つ会話はしなかった。
でも、廣クンの手がとても温かかった。




沈黙を破ったのは、廣クンだった。





「…アイツと何話してた?」


「功クンと?たいしたことは話してないよ?」

「……そか」




少しだけむすっとしていたけれど、

それ以上は何も聞いてこなかった。



「廣クン……、もうそろそろ夏が近づくね」

「あと少しで文化祭と運動祭やるよな」

「そのための委員会があるんだから」

「一緒にやろうぜ、妃鞠」




“一緒”なんて言葉、初めて聞いた。

思わず涙が溢れそうになった。



―廣クンはずるいや……。

あたしを一瞬で好きにさせるんだもん。




「帰り…遅くなっていい?」

「え?」


「妃鞠と行きたいとこ、あんだよ」



< 38/ 313 >