ケータイ小説 野いちご

浮気彼氏から奪うオトコ。

○ 浮気彼氏 ○
「別に俺はどうでもいい」







放課後の前に、委員会活動があった。

あたしは廣クンとなれて、嬉しかった。



だけどまさか功クンも同じだったなんて…。





「委員会なんてめんどーだよなぁ」



廣クンがそう呟いて、小さくあくびをした。

あたしは呆れ顔で


「仕方ないよ。庭園委員会なんて、忙しいんだから」


と言うと、明らかにめんどくさいというオーラが伝わってきた。





「キミはめんどくさがりなんだねぇ…。


花を育てるのは、楽しくないの?」



「っは?

お前なんか、ただのもやしだろ」





「もやしに謝ってくれないかな?」




……この2人がそろうと、空気が悪くなる…。




< 23/ 313 >