ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

浮気彼氏から奪うオトコ。

○ 浮気彼氏 ○




学校のチャイムの音。

椅子から立ち上がる音。

そんな時に、あたしの横で、

違う音を出す。

それは椅子を蹴り飛ばした音だ。


「あぁー、だりっ」


授業が終わって、放課後。

このやる気0のオトコは、あたしの彼氏です。


「廣クン、しっかりしようよ」


「ったく、お前は真面目委員長だもんねー」


「嫌味言わないでよ!」

廣クンは昔はこんなんじゃ、なかったのに。


いつの間にか、嫌味ばかり言う人になっていた。



中学時代から付き合い始めて、もう5年半―…。


高校2年生になっても、同じクラスだったのに。



「そういうこと言うとさぁ…、違うオンナのとこに行って慰めてもらおーかな」


「っ…」


「ははっ、嘘だよ。バァーカ。
まぁ、放課後はいつもお前が先約なんだけどな?」

意地悪そうに微笑む。




平気で、浮気をしている彼氏で、別れなきゃって思うのにだらだらと付き合ってしまう。



「…何で?他の女の子のとこ行くの…?」




< 1/ 313 >