ケータイ小説 野いちご

花のような笑顔

狼との休日~実家へ~

〜華side〜


お互いの過去話しが終わり、ソファーに座ってのんびりしているとき狼がふと思い出したように私に言った。


狼『華、明日俺の実家に行くぞ。』


華『あ、うん。・・・・・ん?・・・え?・・・実家!?』


狼『あぁ。』


華『え・・・てことは狼の両親に会うんだよね?』


狼『あぁ。てか会わせるために行くんだよ。』


狼のその言葉を聞いて私は血の気が引いた。
実家に行くって事はあれでしょ・・・?
気に入られなかったら・・・追い出されるてきな・・・?


狼『追い出すようなことはされねぇから安心しろ。』


あぁ、そっかよかった。
ん?なんで考えてること分かったんだ?

< 89/ 189 >