ケータイ小説 野いちご

絶対大丈夫私。

STEP2ー放課後ー


帰り道の足取りが重い…










有馬くんは…

中学1年生の時私のストーカーをしていた。有馬くんは人気者だった。だから余計に私の言うことは周りに信じてもらえなくて孤独だった。


< 15/ 53 >