ケータイ小説 野いちご

黒蝶と紅姫

過去
始まり

pipipipi…カチャ

うるさい目覚まし時計を止め、重い体を起こす。

ああ、また悪夢を見てしまった。

だからか、いつも起きたら汗だくになっている。

今更あんな夢を見てどうすればいいんだろう。

私はどう生きていけばいいんだろう。

何てことを考えながら制服に着替える。

朝食は食べない。いや、食べれないんだ。

元々そんなに食べれないんだけど過去のことを引きずって余計に食べれなくなってしまった。

「いってきます」と言ってはみるが、誰もいないから返事が返ってくるわけでもない。

はぁ。と溜息をつき家を出る。

4月の始め、心地良い風がふいている。

気持ちいいな、なんて思いながら桜並木を歩く。

しばらくして、校門が見えてきたと思った時、突然黄色い声がした。

つい、「うるせぇ」と声が漏れてしまった。

が、すぐに黄色い声に掻き消されてしまった。

女の子たちが騒いでいる方を見ると世に言うイケメン達がいた。

私は興味がないのでそのままスルーし教室へと足を進めた。

< 2/ 2 >