ケータイ小説 野いちご

孤独な少女と若頭Ⅱ

2章



私は、


前を向かないといけないのかもしれない。



あいつらと、


会って、話さないといけない。






そして…、龍斗に、



私の過去を話す時が近づいてる。




なんとなくだけど、そう思った…。






< 50/ 73 >