ケータイ小説 野いちご

孤独な少女と若頭Ⅱ

1章
恋愛





璃流「彼氏できた」



今は学校。

今まで、他愛もない話をしていたら、急に真剣な顔をして璃流がそう言った。



『…え?』


璃流「彼氏できた」


『あ、いや、聞こえなかったんじゃないんだけど』


璃流「あ、そう?」



なんかさらっと言ったけど…。





< 26/ 73 >